近ごろは子どもを大学に送り出すとき、学生としての心構えを教え、身なりを整えてあげればよいというわけではないようです。ノートパソコンを持たせてあげる必要があります。最近のノートパソコンは、購入後すぐに無線でインターネットにつなぐことができ、キャンパスの内外で自由に使うことができます。講義によっては、ノートをとったり、研究課題や試験のためにノートパソコンが必須の場合もあるようです。こうなると、大学生のためのノートパソコン選びは、必要なオプション (と価格) に限りがないように思えてしまいます。フル機能のパソコンや Mac を購入するべきか。それとも、ネットができて、メールや基本的なワープロ機能さえ使えればよい安価なネットブックで十分なのか。さらに、インストールするソフトウェアや盗難防止策、セキュリティ対策のほか、大切なレポートを失わないためのバックアップについても検討する必要があります。

適切なノートパソコンを選び、必要な安全対策を整えるにあたり、以下のポイントをしっかり押さえておきましょう。

ノートパソコンを選ぶ

ほとんどの大学生は、論文を書くためのワープロや、高等数学の講義で使う表計算など、標準的なソフトウェアが入っているノートパソコンがあれば十分です。ただし、グラフィックやウェブデザインを学ぶような場合には、デザイン用のソフトウェアや Mac が必要かもしれません。Mac は、クリエイティブ分野で依然として根強い支持を得ています。主に論文を書いたりネットを使ったりするだけの場合は、ネットブックが適しています。推奨されるノートパソコンの仕様やソフトウェアについては、大学のオリエンテーション資料を確認してください。すでに専攻が決まっている場合は、その学科のノートパソコンの要件も確認しておきましょう。

ノートパソコンの仕様は、実にさまざまです。主な違いを押さえておきましょう。

  • メモリ。大学生にはどのくらいの容量が必要でしょうか。おそらく、MP3 データや友人と撮った写真など、一般の学生がノートパソコンに入れているコンテンツを保存できれば十分でしょう。また専攻によっては、グラフィックデザインの大きなファイルや動画、デジタルスコア (楽譜) など、制作物を保存するためにハードディスク容量がさらに必要になることもあります。用途に応じて、1GB から 2GB のメモリを搭載したノートパソコンの購入を検討してください。
  • 大きさ。携帯性と画面サイズのどちらを重視するかによって、選ぶ大きさは異なります。多くの学生は、教科書と一緒に持ち歩いても負担にならない軽さを重視するでしょう。一方で、たとえ重くても 15 インチの大画面を好む学生もいます。
  • 追加機能。課題用の DVD を作成するためのソフトや、メモリを増設し S 端子などのコネクタを搭載したビデオカードなどのマルチメディア機能など、必要な追加機能があるか確認しましょう。後者は、発表のときなどにあると役立つかもしれません。

セキュリティソフトウェアを選ぶ

デジタル音楽やオンラインゲーム、無料ソフトウェアの主なユーザー層は大学生です。これらのコンテンツはネットからダウンロードすることが多く、彼らはセキュリティの脅威と常に隣り合わせとなります。ノートパソコンを購入したら、ネットに接続する前にウイルス対策やスパイウェア対策、フィッシング対策などの保護機能でしっかり武装しましょう。ノートン™ インターネットセキュリティ とノートン 360™ は、ネットの深刻な脅威からパソコンを保護します。たとえば、ノートン インターネットセキュリティは、ダウンロードした危険なファイルをインストールして実行する前に警告するほか、信頼できるファイルと信頼できないファイルを識別します。

脅威から身を守るには

安全を確保するために、ノートパソコンにログインパスワードを設定し、パソコン内のデータを他人が見られないようにすることを教えましょう。すべてのパスワードは、頻繁に変更する必要があることも教えます。また、パスワードには特定の単語や個人情報を使わないこと、文字に数字や記号を組み合わせて使うことをアドバイスしてください。

ノートパソコンの盗難にも注意が必要です。公共の場所で使うときは、ほんの数分であってもノートパソコンを放置したままその場を離れてはいけません。また、ノートパソコンの貸し借りは原則として避けましょう。貸した友人が、音楽やソフトウェアの違法コピーなど大学のネットワーク利用ポリシーに反するコンテンツをダウンロードしたり、車内や寮などに放置して盗まれたりなどのトラブルになるおそれがあります。

いざという時のバックアップ

USB メモリは便利ですが、大量の論文や MP3 データのコレクションのすべてを保存することはできません。ノートパソコンが盗まれたり、ハードディスクが突然壊れてしまったりした場合、バックアップがあれば被害を最小限に抑えることができます。頻繁に自動バックアップをとることにより、すべての課題や電子メール、プライベートなファイルを安全に保管できます。ノートン™ オンラインバックアップは、インターネット経由でデータを安全な保管場所に自動でバックアップできるサービスです。ノートパソコンを失くしてしまっても、ネットに接続されている任意のパソコンからログインしてバックアップデータを取得できます。

大学進学を控えた子どものためのノートパソコン選びは、好みの壁紙を選ぶような簡単なことではありません。それでも、セキュリティ対策も含めて賢く選択することで、学業に専念する環境を整えてあげると同時に、卒業まで使用するツールの費用対効果を最大限にできます。