SkipToMainContent

ウイルスとリスク

世界中にあるセキュリティリサーチセンターがマルウェア、セキュリティリスク、脆弱性、スパムからの保護に関する分析を行います。

これらの保護技術が対象とする主な脅威ベクトルは、次のものです。

  • ドライブバイダウンロードと Web 攻撃
  • ソーシャルエンジニアリング攻撃(偽のウイルス対策ソリューションや偽のコーデック)
  • ボットとボットネット
  • 非プロセス挿入型脅威(NPT)
  • Advanced Persistent Threats(APT)などの標的型攻撃、トロイの木馬、一般的なマルウェアやゼロデイ脅威
  • ドライブバイダウンロードにより、他の保護層をすり抜けて侵入してきたマルウェア
  • ルートキット技術で自身の存在を隠すマルウェア

このエコシステムでは、次に示す 5 つの分野の技術が連携しています。

  • ファイルベースの保護: 静的ヒューリスティックの新技術を活用して、引き続き保護対策の中心となります。
  • ネットワークベースの保護: 既知または未知の脆弱性が悪用されてユーザーシステムへの侵入が発生したときに検出します。
  • 振る舞いベースの保護: 悪質な活動について、静的な特徴ではなく動的な挙動をチェックします。
  • 評価ベースの保護: ファイルのメタ情報(古さ、作成元、転送方法、所在など)を検証します。
  • 修復: 感染したシステムのクリーンアップをサポートする一連の技術です。

これらの技術が連携して、個々の状況で悪意が認められるかの判断を、効率的かつ効果的に行います。それぞれの技術はプロセスやファイルについて異なる属性を分析して、その結果を互いに共有します。 

便利なツール
ノートン ユーティリティーズ

コンピュータの調整、クリーニング、スピードアップを実行したり、壊れたファイルや削除したファイルを復元できるソフトウェアです。

詳細はこちら
ノートン サポート

技術的な問題やお支払いに関する疑問を解決できるワンストップ Web サイトです。

詳細はこちら
ノートン パワーイレイサー

ウイルスに感染したと思ったら、シマンテックの無料ソフトウェアを使ってスキャンし、ウイルスを自分で駆除しましょう。

詳細はこちら